ABOUT

日本語は下にあります

.

Concept of the S-HOUSE Museum Museum

  • This is a new museum that is questioning the very meaning of what a museum is, or can be.
  • Visitors will be exposed to creative contemporary arts and have a direct experience of current artistic movements.
  • We will designate artists within a 10-year span who will exhibit new works every year.
  • They are internationally known active artists in Japan who are on the leading edge of the contemporary arts.
  • These artists were carefully selected so that visitors will experience the impact of current energies and themes in the contemporary art scene.

Background

The background of S-HOUSE Museum is based on the idea of Mr. Shuzo TAKIGUCHI. He was an art critic who advocated for contemporary art as a means to enrich people’s lives. During the chaotic period after the war, he supported a number of artists based on liberal ideas that are free from any preexisting concepts. As a result, the artists supported by Mr. TAKIGUCHI were in the forefront of the avant garde movements in Japan. As an example of his influence, a concept of the museum-embodying contemporary art, is originally from an idea of Mr. Arata ISOZAKI, with whom I worked closely to open the Nagi Museum Of Contemporary Art. Nagi MOCA is thus the “third generation” of a museum that exhibits site-specific arts, in the tradition of Mr. TAKIGUCHI. (Kaoru HANAFUSA)

Building

The building that houses and comprises the museum was built in 1997; a wooden structure that was designed by the architects SANAA (Kazuyo SEJIMA + Ryue NISHIZAWA). In remodeling and updating the museum, S-HOUSE Museum, an architect, Takashi SUO has developed a space in collaboration with artists.

Artists

Akaruiheya (Gardener)
Chim↑Pom
Nobuaki ITOH
Izumi KATO
Me
Yuko MOHRI
Saburo OTA
Motoyuki SHITAMICHI
Takashi SUO (Architect)
Fuyuhiko TAKATA

A yearly visit to S-HOUSE Museum is recommended to become immersed and stimulated with the best of contemporary art.

.

コンセプト(基本理念)

  • この美術館は新たな美術館のあり方を提案する実験的なものです。
  • 変化する芸術家の創作活動を通して”同時代を生き生きと体感できる美術館”を目指します。
  • 展示する作家を固定し、10年計画で作家ごとに毎年新作を加えて展示し続けます。
  • 我が国で今後の活躍が期待され、世界各地で活発な活動を続けている現代芸術の俊英たちの作品を展示します。
  • 我が国の誇る最先端の現代美術に直接触れていただきたいとの思いから選考しました。

コンセプトの背景

ミュージアム設立の背景には瀧口修造の影響があります。瀧口は”同時代の芸術こそ人々の心を豊かにする”と信じた評論家でした。第二次世界大戦後の日本の混乱期に自由な精神に基づいて一ファンとしての立場から芸術家たちを支援しつづけました。その結果、関わった芸術家の多くが各分野の先頭に立ち日本文化を牽引しました。私が最初に瀧口の思想を反映した美術館を提案し、作家を選定して開館に至ったのは奈義町現代美術館(Nagi MOCA)でした。ここでは磯崎新が世界初のサイトスペシフィックな展示方法を提案し第三世代美術館と名づけました。S-HOUSEミュージアムでは同じく瀧口の思想を受け継ぎながら、形式的には第三世代美術館に続く新たな美術館のあり方を問い、内容は現代日本の芸術の最先端を体験できる美術館でありたいとの願いから生まれました。(花房香)

建物

建物は1996年、現SANNA(妹島和世+西沢立衛)が初の木造個人住宅として設計したものです。美術館への転用に当たっては、SANAAから独立した建築家、周防貴之が芸術家と建物をつなぐ美術館コーディネイトと改修を行ないました。

展示作家

明るい部屋(庭園)
Chim↑Pom
伊東宣明
加藤泉

毛利悠子
太田三郎
下道基行
周防貴之(建築)
高田冬彦

このミュージアムに参加している芸術家たちは、いずれも自由な精神を基盤にして現代の芸術表現の在り方を探求し続けている人たちです。少なくとも年一回ご来館いただければ、きっとその魅力に気づかれるのではないかと考えております。

どうぞ気軽に来館下さいますよう、一同こころよりお待ちいたしております。

©S-HOUSE Museum. All Rights Reserved